八十二銀行住宅ローン

八十二銀行住宅ローンの諸経費をモデルケースで算出してみました!

こちらでは、

 

八十二銀行の住宅ローンに必要となる諸費用についてみてみましょう。

 

 

住宅ローンについては、事前に返済計画をよく検討することが大切です。

 

多くの人は、金利がどの程度とか、月々の返済額がどの程度になるかなどは綿密に検討されると思いますが、住宅ローンについては、いわゆる諸費用についても正しく見積もっておくことが重要です。

 

諸費用が正しく見積もれないと、自己資金をどのように分配するかの計画を立てにくくなります。

 

 

八十二銀行では、WEBサイトで住宅ローンのシミュレーションを行うことができます。

 

毎月の返済額や年収からみた借り入れ額の目安や、借り入れ希望額からみた毎月の返済額を見積もることができます。

 

それらのシミュレーションを行うと、必要となる諸費用についても概算結果を示してくれます。

 

 

モデルケースとして、【借り入れ金額を3000万円】、【返済期間を35年】、【ボーナス時加算なし】、【変動金利型】、とした場合を仮定して、八十二銀行のシミュレーションWEBサイトで諸費用を概算してみます。

 

 

 

 保証会社手数料

 

八十二銀行の住宅ローンでは、八十二信用保証(株)が住宅ローンの保証を行います。その際、事務取扱手数料として3万1500円を支払う必要があります。

 

 

 保証料

 

八十二信用保証(株)による住宅ローンの保証を受けるにあたって、保証料を支払う必要があります。

 

保証料は保証会社による住宅ローン審査結果によって、金額が決定されますので一概にはいえませんが、モデルケースについて外枠方式とした場合の保証料は八十二銀行のシミュレーションでは、61万8060円となりました。

 

なお、保証料の支払い方式を内枠方式とした場合には、保証料を一括前払いする必要はなく、月々の住宅ローン返済に合わせて保証料の支払いを行うことも可能です。

 

 

 収入印紙

 

住宅ローンの契約書(金銭消費貸借契約書)を有効とするためには、ローン金額に応じた収入印紙を購入して、印紙税を支払わなければなりません。

 

借り入れ金額が3000万円の場合には、2万円の収入印紙を購入し、貼り付け、割り印を行う必要があります。

 

 

 登録費用(登録免許税等)

 

土地や住宅を購入した時には、一般に引渡しを受けると同時に登記を行います。

 

この時に登録免許税を支払う必要があります。

 

登録免許税は、購入金額の1000分の4となっていますので、12万円が必要です。

 

また、登記を代行してもらうために司法書士報酬を支払わなければなりません。

 

この金額には司法書士への報酬が含まれていませんので、別途支払う必要があります。

 

※これらを合計すると、モデルケースの場合の諸費用は78万9560円となりました。